なぜ低金利キャッシングがオススメなのか??

キャッシングを利用するにあたって、人により様々な選択基準があると思いますが、その中でも最も重要なポイントとなるのが「金利」です。

「金利」というのは、当然ながらお金を借りている期間にそのコストとして支払うものですから、同じ金額を同じ期間で返済しても金利が低くなればなる程、総支払金額が安く済むわけで、それが安いに越したことはありません。

勿論それも大変重要な「低金利キャッシング」を選ぶ基準ではありますが、それ以外にも「低金利」である事がとても重要な事を示しているのです。

低金利キャッシングは優良企業でなければ提供できない

まず認識しておくべき事は、当然ながらどのキャッシングサービスも提供する金融会社の自己資金のみで運営されているわけではないと言うことです。

言ってみれば、何処の金融会社もどこかからか資金を調達して来て、それをユーザーに「又貸し」して、その調達金利と貸出金利の差額で利益を得ているわけです。

消費者金融や信販会社であれば、銀行や信用金庫、信用組合から、銀行であれば預金や日本銀行、銀行間市場などから調達してきており、大まかに言えばその調達金利が安ければ安いほど、ユーザーに対して提示される貸付金利も安くなります。

そして単純に言えばその調達金利は、その金融会社の信用度によって決まり、その信用度というのは、企業でも個人でも同じ話で、回収リスクが低ければ、信用度が高いと判断され、信用度が高ければ調達金利は安くなるのです。

つまり、信用度が高く優良な金融会社でなければ低い金利で資金を調達できない=「低金利キャッシングは優良企業でなければ提供できない」ということになるのです。

低金利である事は安心のサービスである事と同意

現在、銀行をはじめとする金融会社というのは、法的にも市場的、社会的責任を強く求められており、ちょっとした問題であってもあっという間に「不祥事」として扱われ、社会的に厳しい目にさらされることとなります。

低金利でキャッシングを提供できると言うことは、それだけ優良な企業であり、ユーザーが安心して利用出来るサービスであることの証でもあるのです。